ニック氏に言われるまでもなく米国株の価格は危険な水準を突破している。

暴落するかどうかではなく、いつ暴落するかがテーマとなっている。

これはリーマンショック前の議論を思い出す。

だれもが住宅市場がバブル状態になると知っていた。

ただ、バーナンキは米国経済が好調であることを事ある毎に述べていました。

バブル崩壊は突然やってくるということを身にしみて思い知りました。

以降、hatan.infoでは金融危機に繋がるニュースを発信し続けています。

 

売りから参入する投資家にとって長く辛い時代が続いたのではないでしょうか。

昨日のS&Pの値動きを見ていてもようやく来るべき時が来たのではないかと感じています。

米国株を売って売って売りまくるTrendTrapを使った売り増しピラミッディング戦略を始める絶好の機会が到来しています。

MT4用EA TrendTrapをまだ準備が出来てない方はお早目の手配をおすすめします。

 

 

TIAAインベストメンツのチーフ投資ストラテジスト、ブライアン・ニック氏は、米株市場の相場上昇で利益を得た株主らは、ジャングルジムで地面からさらに高く登っていく子供に注意する父親のように相場の反転に警戒する必要があると語った。 ニック氏は26日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「私の2歳の息子が遊び場で本当に高く登っているところを見たら、さらに落ちやすくなったとは心配しないが、落ちればもっとひどい結果になると心配するだろう。それを避けるため、親としてかなり気を付けて注意しようとするが、それがポートフォリオなら、最もうまくいった部分に気をもむ必要があろう。過去5年で最良のゲームが行われたのは米株市場だ」と指摘した。 ニック氏はその上で、「株式市場の下落やボラティリティーの高まりに対するリスクヘッジを行う場合、割高と思われる部分、ファンダメンタルズぎりぎりのところまで上昇している可能性が高い部分について考えるべきだ。米国ではバリュエーション(株価評価)が現時点で既に限界に達している」と述べた。

情報源: 「ジャングルジムで遊ぶ2歳児」か-米株価評価は既に限界とニック氏 – Bloomberg

 

hatan.infoが教える金融崩壊対応プログラムTrendTrapを使って資産を20倍〜100倍に増やす方法

1. 金融崩壊対応プログラムTrendTrapを準備

現在、ヤフオク・DL-Market・直販(値引きあり) で提供されてます。

人気のためTrendTrapフルセット版が29,800円に値上がりしてしまいました。

今後も値上げが予想されるため早めのご購入をおすすめします。

2. 金融崩壊対応TrendTrapの設定

TrendTrapはトラップ型EAですので一定幅でオーダーを並べる設定になっています。

通常は一定幅でオーダーを並べて一定幅で利益確定するのですが、ピラミッディング手法では利益確定の値を0に設定することでオーダーを積み増します。

以下にユーロ円のピラミッディングする場合のパラメータを公開します。

[NOTE]

# 主要パラメータを公開

AutoManeyManagementMode: false

BasicLots: 0.1(資金量に合わせて自由に設定ください)

AutoTrendMode: false

TrapValue: 0.1(1ドル毎に売り下がります)

TrapSpreadValue: 0.1(TrapValueと同じにしてます)

LimitValue: 0.0(ここが重要。利益確定せずに売り増しするため0.0に設定)

MaxRange: 142(142円以上は無視)

MinRange: 120(順調に推移すれば120円まで視野に)

LongFlg: false(売りのみ!)

ShortFlg: true(売りのみ!)

SellStopFlg: true(売り下がるためこれをfalseに)

SellLimitFlg: false(この投資法での売り上がりは危険)

[/NOTE]

 

4. TrendTrapのスイッチを入れるタイミングを見計らう

現在のユーロ円が140.00円より高ければなにもしなくてかまいません。

EAのスイッチを入れっぱなしにしておくと140.00円以下にずらっと売り増しのトラップが並んでいることでしょう。

ユーロ円がすでに140.00円以下の場合、スイッチをいれるタイミングは非常に重要です。

TrendTrapの準備が間に合わずユーロ円の下落が始まっている場合には、戻り売りの形まで待つことをおすすめします。

 

5. 金融崩壊が収束するまで数ヶ月見守る

あとはユーロ円が下落するに連れ、TrendTrapが勝手に売り増ししてくれます。

注意点としては、拠出金に余裕がでても勝手に追加してリスクを増やさないことが重要です。

なぜなら下落時にも何度も振り落としの上昇が予想されるためです。

この戦略の大切なポイントは、相場が思い通りの方向へ進むにつれ、徐々にリスクが下がっていくところです。

 

6. ドル買い・円買・ユーロ売り・オセアニア売りの通貨ペアを追加する

勝手に売買してリスクを増やさないことが重要と書きましたが、ユーロ円以外の通貨ペアを追加することで更に利益を最大化することが出来ます。

今回公開したTrendTrap金融崩壊時設定ファイルを参考にドル買い・円買い・ユーロ売り・オセアニア売りの通貨ペアを追加してください。

刻々とリーマンショック級の金融崩壊が迫ってきており、個人投資家が資産を増やす最後のチャンスだと考えています。

hatan.infoでは世界経済破綻対応プログラムTrendTrapを使った投資法をご紹介しています。
金相場の崩壊をきっかけに、株安・ドル高・ユーロ安が進むと予想します。

 

 

現在TrendTrap公式サイトでキャンペーンが始まってます。

フルセット版が激安で販売されているようですので入手はお早めに。

TrendTrap トレンドフォロー型トラップEA

フルセット版は29,800円(直販キャンペーン割引中で24,800円)

アベノミクス版は19,800円(直販キャンペーン割引中で16,800円)

アフィリエイトで効率よく収益を上げたい方は必見です。

【TrendTrapがバンバン売れる8の理由】DL-Market版TrednTrap恐るべし 売上数と料率20%が魅力【7月のアフィリエイト売上が最高を記録】

Gem-Tradeにまだ口座をお持ちでないかたはこちら

open-kokuchi_burner

最新のシストレ情報はこちら

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 

You might also like these post :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です